代表的な作品は大畑武者絵資料館に展示してあります。それぞれの作品は制作に最も時間をかけ丹念に心を込めて仕上げたものです。しかしこれらの作品以外にも代表的な作品は多くの武者絵愛好者のもとに渡っております。大作はお客様からのご注文、ご依頼により制作いたしますので現在手元にある作品は多くはありません。代表的な作品は武者絵資料館(入館無料)で見学できますのでお気軽にご来館下さい。資料館は江戸時代建立の建物を改造し昭和61年5月5日にオープン致しました。
天覧鍾馗
昭和51年8月栃木県立美術館において昭和天皇、皇后両陛下御前で2代目耕雲、3代目耕雲親子で実演披露。
栄に浴したがそのときに2代目耕雲が描いた作品です。

size:300cm×115cm
三太加
迫力あるこちらの作品は上から豊臣秀吉、加藤清正、福島正則の三武将です。
この作品は3代目耕雲が描いた作品です。

size:300cm×100cm
那須 与一(衝立)
鎌倉初期の武士で1185年屋島の戦いに扇の的を射落とす場面を描いた作品です。
この作品は3代目耕雲が描いた作品です。

size:132cm×84cm
鍾馗(衝立)
病魔である2匹の邪鬼を退治する場面を描いた作品です。
この作品は3代目耕雲が描いた作品です。

size:132cm×84cm



トッププライバシーポリシーのぼり取扱い絵柄解説メール